美味しい魚の揚げ物は油がポイント

2022/03/01 コラム

魚の揚げ物をご自宅で作っても、カリッと仕上がらなかったり、胃もたれしてしまうという方は多いのではないでしょうか。
実は、美味しい魚の揚げ物は油に秘密があるんですよ。
今回は魚の揚げ物を美味しく作るための「油」について解説していきましょう。

▼魚の揚げ物の油は温度が大切
魚の揚げ物が失敗してしまう原因のほとんどは、油の温度が原因です。
魚を揚げる時の油の温度は180℃~190℃が最適と言われていて、この温度を保つことができればサクッ、カリッとした美味しい揚げ物ができます。
しかしご家庭の調理器具では魚を油に入れた時に温度が下がってしまうことが多く、なかなか最適な温度に保つことができません。
上手に揚がらないことが多いのはこのためです。

■美味しい揚げ物はぜひお店で味わおう
油の温度の問題がクリアできたとしても、揚げ物を作る時は調理の準備や片付けなどがかなり大変です。
居酒屋などのお店であれば準備や片付けの必要はありませんし、熟練の職人が最も良い状態の油でカラッと揚げますから、絶対に美味しい揚げ物を召し上がることができるでしょう。
油の質にもこだわっていますので、胃もたれすることなく絶品の揚げ物を楽しむことができますよ。
酒菜・味彩 ためきちでも厳選した魚を良質の油で丁寧に揚げて、一番美味しい状態でご提供しています。

▼まとめ
揚げ物はお酒に合いますし、居酒屋に行ったらぜひ注文したいメニューですよね。
フグやアジ、カレイなど、どのような魚でも揚げ物にすることで美味しく味わうことができます。
旬の魚を美味しい唐揚げで召し上がって、心も体も元気になってくださいね。