コラーゲンが多く含まれる魚もある?

2021/11/01 コラム

コラーゲンというと、ホルモンや牛すじなど動物性の食品を連想する方が多いかもしれません。
でも実は、魚にもコラーゲンを多く含んでいるものがあるんです。
今回はコラーゲンの多い魚についてご紹介していきますね。

▼魚にもコラーゲンは含まれている
コラーゲンはタンパク質の一種ですので、陸の動物だけでなく海の生き物にも含まれています。
中でも特にコラーゲンの含有量が多いのは、以下のような魚介類です。
・スッポン
・フカヒレ
・うなぎ
・なまこ
・うつぼ
・カレイ
・エビ
・くらげ
スッポンやフカヒレはともかく、なまこやくらげにもコラーゲンが含まれているというのは驚きですね。
コラーゲンはぷるぷるとした食感の部分に多く含まれる傾向があります。
カレイやうなぎなどにも、加熱した時にぷるんとした部位が現れますよね。
コラーゲンはこうした部分に多く含まれていますので、ぜひじっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

■「うつぼ」もおすすめ
上記に挙げた魚のうち、「うつぼ」なんて食べたことがない!と思う方も多いでしょう。
うつぼは見た目はちょっと怖いですが、お料理にすると非常に美味しく味わうことができる高級魚です。
お刺身や煮付け、唐揚げなどあらゆる調理法で召し上がることができ、淡白で上品な風味はまさに絶品です。
うつぼ料理をメニューに取り入れているお店はそれほど多くないですが、もし見つけた時にはぜひ試してみてください。
酒菜・味彩 ためきちでも、コラーゲンたっぷりのうつぼ料理をご提供しています。

▼まとめ
ちょっとお疲れ気味の時などは、コラーゲンが入ったお料理を食べることで心身ともにリフレッシュできるでしょう。
魚はコラーゲンだけでなくビタミンやミネラルなどを豊富に含んだヘルシーな食品ですので、ぜひ魚料理を楽しみながら美容と健康を維持していってくださいね。