升を使った日本酒の飲み方について

2021/08/22 コラム

日本酒はさまざまな飲み方ができるのが特徴で、飲み方によって味わいが変わります。
日本酒を入れる器にも種類があり、その中の1つに「升」があります。
居酒屋などでもよく見かける升ですが、どのように飲めばいいかわからないという方もいると思います。
そこで今回は、升を使った日本酒の飲み方について解説していきます。

▼升に直接日本酒が注がれている場合
升に直接日本酒が注がれている場合は、まず升を両手で持ち、親指以外の4本の指で升の底を支えます。そして升のフチに親指を乗せ、片方の手を升に添えるように持ちます。
最初は升一杯に日本酒が注がれているので、バランスを崩さないように気をつけましょう。
そして日本酒を飲む際は、角からではなくフチの平らな面からすするように飲みます。
すすると言っても、大きな音を立てないように静かにすするのが基本です。

▼升の中にグラスを置いた「もっきり」の場合
もっきりの場合は、グラス一杯に日本酒が注がれているのでまずはグラスを持たずに直接口をつけて少し飲みます。
グラスの中のお酒が減ってきたら升からグラスを外すのが一般的ですが、グラスから滴り落ちるお酒が気になる方は、2口ほど飲んですぐに升から外しても問題ありません。
グラスの中のお酒が残りわずかになったら、升の中のお酒をグラスに移します。

▼まとめ
日本酒好きの方は、一度は升を用いて日本酒を飲む機会があると思います。
ぜひ正しい飲み方で日本酒を楽しんでみてください。
当店では美味しい日本酒や焼酎を用意しているので、気になる方はぜひ一度お越しください。