和食のメニューに迷ったら旬の食材を選ぶのがおすすめ

2021/06/23 コラム

和食を作ろうと思っても、どの食材を使えばいいか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。
メニュー選びに迷ったら、旬の食材を取り入れるのがおすすめですよ。
そこで今回は、旬の食材を選ぶおすすめの理由についてご紹介します。

▼栄養価が高く美味しい
旬の食材は、栄養素が豊富に含まれ旨味もたっぷりです。
例えば、ほうれん草の旬は冬ですが夏に採れるものよりも約3倍のビタミンCを含んでいます。
ほうれん草を使った和食メニューは、ほうれん草のおひたしや白和えなどがあります。簡単に作れて副菜にピッタリですよ。

▼安く買える
旬の食材はその時期にたくさん作られ、市場に多く出回るため価格が安いです。
安く買えるので節約になるメリットがありますよ。
一方で、旬ではない食材は市場に出回る数が少ないため価格は高くなります。
また、出回っていたとしても生産に適した時期ではないので栄養素や旨味は半減してしまいます。

▼四季を楽しめる
日本には四季があるので、年間を通して季節を楽しむことができます。
旬の食材を料理に取り入れれば、その時期をより楽しめて食事が充実しますよ。

▼まとめ
今回は、旬の食材を取り入れるおすすめの理由をご紹介しました。
旬の食材には、栄養素と旨味の高さ・値段の安さ・四季の楽しみなどさまざまなメリットがあります。
和食のメニュー選びに迷ったら、ぜひ今回の内容を参考にして旬の食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。